シャトレーゼ アイス|チョコバッキー ドライミント

シャトレーゼ_チョコバッキードライミント シャトレーゼ

シャトレーゼの人気アイス「チョコバッキー」のドライミント味は、シャトレーゼの夏限定商品です。
2020年は7月発売でしたが、2021年は5月21日発売となりました。
早速、買ってきて食べましたので食レポしたいと思います。

チョコバッキー ドライミントとは

チョコバッキーといえば、シャトレーゼのアイスでは人気のシリーズで、現在発売されているのは、下記の3つです。
過去には、完熟バナナ、イタリアンマロン、スカイベリーが発売されていた時期もありました。

  • チョコバッキー バニラ
  • チョコバッキー チョコ
  • チョコバッキー ドライミント

シャトレーゼ公式ページの商品紹介はこのように記載があります。

フランス産ミントリキュールを使用したミントアイスの中に、パリッと食感のスイートチョコを折り重なるようにあしらいました。強めのミントの爽快でクールな清涼感のあるアイスがチョコにぴったりの組み合わせです。パリッと、パキッと、ゴリッと、ゴロっと。ひとつひとつアイスの表情が違う為、食べるたびに変化するチョコの食感が楽しめます。まるで板チョコを食べているかのような食感とチョコ好きにはたまらないチョコの満足感をお楽しみ下さい。また、ひとつひとつ、アイスの表情が違う手作り感も特徴で、“世界に一つ”のアイスバーです。

シャトレーゼ公式ページ 「チョコバッキードライミント」

夏限定商品

チョコバッキー ドライミントは、夏限定商品なので、夏しか食べれないという ちょっとしたレア感もあります。
発売日については、シャトレーゼがホームページ上で公開するので分かりますが、発売終了日はアナウンスがなく、在庫が無くなり次第終了ということなので、正確な販売期間は不明となりますが、過去の経験上、9月中旬にはなくなります。

発売日
2021年5月21日
2020年7月10日
2019年4月26日
2018年5月25日

シャトレーゼアイス総選挙2018で優勝

2018年に、シャトレーゼの代表的なアイス20品の中から、一番食べたいアイスを決定する「シャトレーゼアイス総選挙2018」というのが、シャトレーゼの公式ホームページ上で行われました。
1万5000人以上の投票があり、結果は、「チョコバッキー ドライミント」が1位を獲得しました。

公式サイト シャトレーゼアイス総選挙2018投票結果

チョコバッキーはリブランディングの成功例

チョコバッキーは、もともと「パリッと巻きチョコバー」という商品で売っていて、知る人ぞ知る美味しいアイスとして、ある程度のファンがいました。
そこで、さらなる飛躍を目指し、中身はそのままで、パッケージと商品名を変更して2018年に売り出したところ、発売から3週間の売上が対前年比の3.8倍になるほどの大ヒット商品になり、その勢いのまま、今回紹介している「ドライミント」を期間限定で発売したわけです。
まさに、リブランディングの成功例です。

格安アイス 1本75円

アイス1本75円(税込)というのは、アイス業界の中では、安い部類に入ります。
コンビニに行ってアイスを買っても、このクオリティーで、この値段で買えるアイスはありません。
コストパフォーマンスの良さも、支持される理由ですね。

原材料

準チョコレート、砂糖、水あめ、乳製品、植物油脂、粉あめ、でん粉、洋酒、寒天、グルコマンナン/乳化剤(大豆由来)、安定剤(増粘多糖類)、香料、着色料(スピルリナ青、紅花黄)

使われているチョコレートは、「準チョコレート」みたいですが、何だろう? と思いますよね。

準チョコレートとは、カカオ分が15%以上、あるいはカカオ分7%以上かつ乳固形分12.5%以上の準チョコレート生地を全重量の60%以上使用したもののことです。

チョコレートとは、カカオ分が35%以上、あるいはカカオ分21%以上でカカオ分と乳固形分の合計が35%以上のチョコレート生地を全重量の60%以上使用したもののことです。

グルコマンナンは、こんにゃくの食物繊維の一種です。
水を吸って膨れるため、少し食べても満腹感を得られるため、主にダイエット食品に利用されています。 チョコバッキーでは、寒天と共に、食感の良さに影響していそうです。

洋酒が入っているのも美味しさのポイントですね。

栄養成分

1本66ml 当たりの栄養成分です。

栄養成分1本当たり
エネルギー151kcal
たんぱく質1.6g
脂質8.8g
炭水化物16.7g
食塩相当量0.06g

食レポ

一口目の第一印象は、良い意味でミント強めですね。
口の中がスースーします。
夏に食べると、爽やかな気持ちになれます。

チョコは、チョコバッキーならではのゴロゴロとした塊のチョコや、薄いパリパリのチョコが混じっており、食感も良いですし、食べる場所により、ミントとチョコの配合が変わり、食べる味に変化があり食べていて楽しいです。

アイスの食感は、全体的に柔らかいです。
溶けるのも早めなので、ゆっくり食べていると、溶けてきます。

まとめ

チョコバッキードライミントについて、ポイントをまとめます。

  • チョコバッキードライミントは2018年アイス総選挙で1位のシャトレーゼの人気商品
  • 夏限定のため、販売期間が短く、7月~8月にしか食べられない。
  • 他社のチョコミントアイスよりもチョコが多め

コメント