【食レポ】コープ生協の食パン「特上食パン」

コープ生協特上食パンの食レポ パン

今日は、コープこうべ(生協)の食パン「特上食パン」を食べたので、その美味しさを紹介したいと思います。

優しい味

この特上食パンを、最初に食べた印象は、これが特上??
特別、甘いわけでもないし、特別おいしい味がするわけでもない。
そのまま食べても、特別美味しいとも思わない。
なにが特上なのか、最初はさっぱりわからなかったのが正直な第一印象でした。
特上食パンというネーミングで、食べる前から、かなりハードルが高くなりすぎたようです。

この特上食パンの味を一言で表現するなら、「優しい味」といった感じです。
じゃまするような味がない。だから、バターを塗ったらバターのうま味を感じる。
ジャムを塗ったらジャムの美味しさを感じる。
毎日食べても飽きのこない味。 とも表現できそう。

生協「特上食パン」の原材料

小麦粉、生クリーム、砂糖、バター、乳等を主要原料とする食品、パン酵母、食塩、醸造酢

原材料名の最初に小麦粉が登場するのは、食パンにとって普通だと思いますが、その次に「生クリーム」が多く使われているというのは珍しいと思います。
さらに、ふつうの食パンは、「マーガリン」「ショートニング」と続きますが、この特上食パンは、「バター」を使用しています。 コストがかかる材料を使っているのが分かります。

栄養成分

項目100gあたりの推定値
熱量313kcal
たんぱく質7.8g
脂質10.2g
炭水化物47.5g
食塩相当量1.1g

別の記事で紹介した ややカロリーが高めの食パン「リッチスイートブレッド」よりもやや高めのカロリーです。 これは、生クリームとバターを多く使っているのが要因と考えられます。
本物志向をお持ちの方には、ぜひオススメしたい食パンですね。

コメント