【食レポ】アーモンドバター抹茶味|カフェ・ド・ムッシュ

アーモンドバター抹茶味食レポ パン

アーモンドバターといればプレーンという方も多いと思います。
でも、抹茶味ってどんな味? と気になる人も多いと思います。
早速、抹茶味を食べてみましたのでレポートします。

アーモンドバター抹茶味とは

カフェ・ド・ムッシュのアーモンドバターとは、アーモンドをすりつぶしたペースト状のものに、マーガリンを加えたものです。
その抹茶味とは、さらに抹茶を加えたものです。
プレーンを食べなれた人でも、この抹茶味がどのようなものか想像しがたいかと思います。

アーモンドバターは、楽天市場等、ネット上でいろいろなものがあります。
バターやマーガリンを使用しない本格的に健康志向なものもありますが、カフェ・ド・ムッシュのアーモンドバターは、マーガリンを使用して、子供でも食べられる美味しい仕上がりになっていて、私としては、健康志向のものよりも好きです。

アーモンドバター抹茶味の感想

食レポ1回目(パスコ超熟6枚切)

使ったパンは、Pasco(パスコ)の食パン超熟6枚切です。
ありきたりかもしれませんが、これが美味しいです。

パスコの食パンに、アーモンドバター抹茶味を塗ります。
カフェ・ド・ムッシュが推奨する塗り方よりも、私の好みで、やや薄めに塗っています。
2枚焼いているのは、夫婦で食べるためです!

こんがり焼けました。
焼き目にムラがあるのは、うちのオーブントースターの調子が悪く、オーブントースターの奥と手前では、焼き加減が変わってしまうんですよね。
塗った直後の写真では分かりにくかったですが、焼いてみると、アーモンドの粒々がけっこう入っているのが分かります。

食べた感想は、思ったよりも甘いなぁということ。
プレーンの時には感じなかったんですが、抹茶味は、もう少し甘さ控えめの方が自分の好みには合うかなぁと思いました。
朝食に食べるパンというよりは、スイーツとして食べると美味しいかも。
あずきなんて全く入っていないはずですが、甘いせいか、なぜか抹茶小豆を想像させる味です。
今度食べるときには、アーモンドバターをもっと薄く塗って食べてみようと思います。

ちなみに、こんがり焼けた部分と、焼き目が少ないところを比較すると、こんがり焼けたところの方が、自分は美味しく感じました。

食レポ2回目(山崎ダブルソフト)

今回は、日を改めまして、山崎パンのダブルソフト。
耳までやわらかく、くちどけの良さが好評の食パンです。
ドンキホーテで、特売100円で買えたので買っちゃいました!

今回は、前回よりも、やや薄めにアーモンドバターを塗って焼いてみました。
パンが柔らかいせいか、アーモンドバターを塗るときに、パンの表面が剥がれて塗りにくかったです。

いつもの通り、オーブントースターでこんがり焼きました。

食べたみたら、前回と味が全然違うように感じました。
このアーモンドバターは、食パンによって、だいぶ印象が変わるようです。
まず感じたのは、前回は甘すぎると感じたのに対して、今度は、もっとアーモンドバターを塗ってもいいと感じました。さほど甘すぎるという印象はありませんでした。

なぜ、これほどまでに味の印象が変わったのか考えてみたところ、食パンの厚みが、前回は6枚切りだったのに対して、ダブルソフトの場合は、上の写真のように分厚く普通の食パンでいくと4枚切ぐらいの厚みなので、食パンとアーモンドバターのバランスが変わったんだと思います。

カフェドムッシュが推奨しているアーモンドバターを塗る量は、パンの厚みで調整した方が良い気がしました。 今回のダブルソフトの場合は、もっとアーモンドバターを塗ってもよかったかなと思います。

あと、ダブルソフトは、食感がやわらかいのも、前回のパスコ超熟との違いでした。
食感については、個人的な好みでは柔らかいより、ややハードな感じが好きかなと思いますが、4枚切の厚みだったら、この柔らかさがベストだと思いました。

【公式】カフェ・ド・ムッシュ

楽天公式サイトでは、「ハッピーセット」という4つの味から3つ選べる1人1回限定のお得なお試しセットがあります。好みの味が分かる前に、3つの味を注文してみてはいかがでしょうか?

コメント