【体験記】メイスイ浄水器カートリッジ交換(セルフメンテナンス)

メイスイ浄水器カートリッジ交換を自分でやってみた 体験記

我が家のキッチンには、メイスイのビルトイン浄水器(Mシリーズ)が取り付いており、毎年1回は、フルメンテナンスをお願いしていました。
今年は、セルフメンテナンスに挑戦してみましたので、その体験記をシェアしたいと思います。

メイスイ浄水器Mシリーズとは

引用元:メイスイ公式HP商品紹介

メイスイのビルトイン浄水器Mシリーズは、浄水能力がありながら、水量もあることから、家庭用浄水器として人気があります。
また、家族の人数等、水の使用量によって、3つのタイプが用意されており、1~2人であればM75タイプ、3人であればM85タイプ、4人以上であればM100タイプを推奨されています。
もちろん、2人とかでも、水を多く使う場合は、M100でOKです。
もともと、M75が取り付いていたとしても、M100にカートリッジ交換してもOKです。
元の浄水器本体は、M75用とかM100用とかの区別がないです。

リンク メイスイ公式HP(Mシリーズ製品紹介)

フルメンテナンスとセルフメンテナンス

メイ メイスイのビルトイン浄水器Mシリーズは、 1人に1度 カートリッジ交換が必要です。
その際、カートリッジを購入して自分でカートリッジ交換するセルフメンテナンスと、専門業者に来てもらって交換してもらうフルメンテナンスの2パターンがあります。

フルメンテナンス業者が来てカートリッジを交換してもらう
セルフメンテナンス自分でカートリッジ交換する

結論を言ってしまえば、セルフメンテナンスの方が良いです。
コストは5000円程度安いことと、自分で交換しても10分もかかりません。
毎年やることなので、ぜひ一度 自分でカートリッジ交換をチャレンジしてみましょう。

そらとび
そらとび

カートリッジ交換は難しくないので一度チャレンジしてみよう

カートリッジの注文

カートリッジの注文は、メイスイの公式ホームページから購入することが可能です。
しかし、楽天市場では、もっと安く買うことができます。
カートリッジ自体は、楽天市場で購入しても同じものが届くので、少し安く買える楽天市場で買うことをおすすめします。

楽天市場で最安値を探す
M-75
M-85
M-100

アマゾンで探す
M-75
M-85
M-100

そらとび
そらとび

カートリッジは公式サイトよりも楽天市場やAmazonの方が安く買えるよ

楽天市場で買ってみました

楽天市場で、最安値を探し見たら、日本テレフォンショッピングというお店でした。
特に口コミの評判も悪くないので、ここで購入を決定。
いろいろなショップで取り扱いがあるようですが、どこで買っても問題なさそうですね。

2日後には宅配で届きました。
口コミを見ると、翌日に届く人も多いようです。

荷物を開けると、純正のメイスイM-100カートリッジが入っていました。

「浄水器カートリッジの交換方法」が丁寧に書かれた説明書も同梱されていましたので、安心です。

届いたら、まず透明のフィルムが破かれたような中古品でないことを確認してください。
念のため、新品であることを確認しておきます。

実際に交換してみました

(手順1)現状確認

一応、後で同じ形に戻す必要があり、後で分からなくなった時のために、スマホでいいので、写真を撮っておきましょう。

ここで、キッチン収納を出せば作業がしやすいので、収納を取り外してもOKです。
ただし、私の場合は、この収納の中身を出して、収納自体を取り外すことが面倒だったため、収納が付いた状態で作業をしました。
フルメンテナンスのとき、作業員の方もそうしていました。
ただし、手を伸ばして無理な体勢となるため、横っ腹がつりそうになりました(笑)

(手順2)水を止める

水を止めると言っても、元栓を止めるわけではなく、水を流さないというだけです。

(手順3)新しいカートリッジに今日の日付を記入

新しい浄水器のカートリッジのビニール袋を外し、見えやすいところに、油性マジックで、今日の年月日(日付)を書いておきましょう。

今日の年月日を書いておけば、1年後にカートリッジ交換するときの目安にできます。

(手順4)カートリッジを外す

説明書を見ると、分かりづらく見えるかもしれませんが、実際に触ってみて、少し回すとすぐ外れます。 カートリッジに2本ジョイントがついていますが、両方外します。

このときに、ホースに残った水がでてくるので、タオルを用意しておいた方がよいです。
自分の場合は、ちょろっとしか出ませんでしたが、場合によってはドバっと出ることもあるようです。

(手順5)カートリッジを接続する

ホースの入口とカートリッジに表示された入口を接続させます。
ここで入口と出口を間違えないように注意しましょう。
指して少し回せば、カチッと音がしてきちんと締まります。
手ごたえがあるので、閉まったかどうか分かりやすいです。

(手順6)転倒しないように設置する

受け皿がなければ、そのまま設置でも大丈夫です。
ただし、不安定なところで転倒しそうであれば、なにか受け皿をおいて、固定した方がよいです。

(手順7)3分間放水して問題ないか確認

3分以上、全開で水を流して下さい。
最初は、なかなか水が出にくく不安定な水の出方をしますが、3分ぐらい放水しているうちに、通常の水の出方になってきます。
3分以上放水して、特に、カートリッジ回りに水漏れがなければOKです。
これで設置完了です。

まとめ

  • メイスイ浄水器Mシリーズは、1年に1回カートリッジ交換が必要
  • 自分でカートリッジを購入して自分でカートリッジ交換すれば、多少安くなるのでおすすめ
  • カートリッジは、楽天市場かアマゾンでの購入が、ちょっと安くてお得
  • 自分でカートリッジ交換する際は、同梱されている手順書を見れば簡単にできる
  • M75、M85、M100は、どれでもOK(M75が取り付いていたものにM100に交換でもOK)

コメント