【淡路島】ホテル&リゾーツ南淡路|赤ちゃん、子連れに人気、宿泊記ブログ等

ホテルリゾーツ南淡路 淡路島のホテル・旅館

ホテル&リゾーツ南淡路は、もともと南淡路ロイヤルホテルだったものをリブランドしたリゾートホテルです。
全国各地にあるリゾートホテルチェーン「DAIWA ROYAL HOTEL」の一つです。
誕生日などの記念日旅行や、小さな赤ちゃんを連れた子連れ旅行などにも最適なホテルです。

客室

客室名面積定員特徴参考平日価格
1泊朝食付
シングルルーム18㎡1名3~6階
ビジネスや一人旅
1名で
9800円
ツインルーム35㎡3名3~4階/6階
スタンダードタイプの洋室
2名で
20000円
地中海ツイン35㎡3名6階ロイヤルフロアー
エーゲ海の街並みをイメージ
2名で
24000円
モダン和室10畳4名3階
近代的なデザインの和室
2名で
21000円
和室10畳4名6階
畳・布団の純和風客室
2名で
21000円
ファミリールーム35㎡4名5階
スタンダードタイプの和洋室
2名で
21000円
リラックスビュールーム35㎡3名4階
マッサージチェアを完備
2名で
24400円
スーペリアスイートルーム70㎡4名6階
リビングと和室がある特別室
スイートルーム70㎡6名6階
リビングと和室がある特別室
2名で
36000円

ホテル&リゾーツ南淡路の魅力(宿泊者の過ごし方)

ウェルカムベビーのお宿に認定されている

ミキハウス子育て総研が認定する「ウエルカムベビーのお宿」として、3つの種類の客室が認定されています。 人気過ぎて、なかなか予約がとれませんので、早めの予約が必要です。 
ベビールーム「AO~蒼~3歳未満におすすめ。まるでシアタールーム
ベビールーム「HANA~華~3歳未満におすすめ。ハンモックブランコ
キッズルーム「星楽~せら~3歳以上におすすめ。ボルダリング、壁一面の落書き板

温泉で癒される

南淡(ナンダン)温泉の大浴場のほか、露天風呂(岩風呂)もあります。
泉質は、「ナトリウム・カルシウム-塩化物低温泉」で、独特なにおいもなく、入りやすい温泉です。
高温サウナもあります。

夕食が美味しい

土曜日や長期休暇のときは、ディナーバイキングが人気ですが、そうでないときはディナーバイキングは開催されていません。
しかし、ホテル内には、中国料理レストラン「暢叙園」、日本料理レストラン「播磨灘」があり、どちらも本格的な中国料理や会席料理が食べられます。
写真にある「淡路島サクラマスの諭鶴羽丼」もおすすめです。
他にも、冬限定の淡路島3年とらふぐが食べられるふぐ会席や、中国料理を90分間食べ放題のテーブルオーダーバイキングもおすすめです。

朝食のバイキングが美味しい

地元食材を使った和食と洋食がどちらも食べられるビュッフェ形式の朝食です。
あまりにも宿泊者が少ないなど、事情により和定食になることもありえます。

キッズコーナーで子供を遊ばせる

小さい赤ちゃんや幼児連れのファミリーに人気なのが、1階ゲームコーナーの前にあるキッズコーナーです。
ここで、絵本などを読ませてもいいですね。

ゲームコーナーで遊ぶ

めったに家族では来ないゲームセンターも、ホテルでは家族みんなで楽しんで遊ぼう。
きっと盛り上がりますよ。

卓球で遊ぶ

温泉といえば、卓球ですね。
温泉のあとに、家族で楽しもう。

屋外プール

夏季限定ですが、大きい屋外プールがあります。

宿泊記(ブログ)

宿泊記 旅好きアラサー女子の世界一周ブログ 眺望おまかせ、35平米ツインルーム

宿泊記 Si-field Diary Vol.1 ホテル設備編 洋室ツインルーム

宿泊記 Si-field Diary Vol.2 食事編 食事が選べないプラン

宿泊記 明日はあしたVol.1 夏休みに縁日とビンゴ大会

宿泊記 明日はあしたVol.2 夕食バイキング

宿泊記 ぎゅってWEB キッズルーム「星楽~せら~」に宿泊

宿泊記 子育ては楽しい プール利用体験

宿泊記 TELETRA ワーケーションで利用、コワーキングスペースの紹介

宿泊記 じてりん アワイチのちょうど半分の地点、自転車

日帰り 淡路島に移住してから 日帰り温泉を利用した体験記

基本情報

住所兵庫県南あわじ市福良丙317 
電話0799-52-3811
部屋数329室
公式HPhttps://www.daiwaresort.jp/awaji/
予約サイト

コメント