【淡路島】ホテルニューアワジ・ヴィラ楽園|宙の庭・星の庭・海の庭

ホテルニューアワジ_ヴィラ楽園 淡路島のホテル・旅館

淡路島は、Gotoトラベルに限らず、関西の人にとって旅行先の人気が高まっています。
コロナのときに、ほどよく密にならなくて、混雑しない近場の旅行先として人気を集めました。
淡路島は、今後もどんどん人気が高まっていくと思われます。
そんな淡路島でも最近人気を集めているホテルがあります。
それは、「ホテルニューアワジ」です。その中でもスイートルームである「ヴィラ楽園」が人気です。
このページでは、ホテルニューアワジの ヴィラ楽園 について詳しく紹介する記事となっています。

ホテルニューアワジとは

ホテルニューアワジは、ホテルニューアワジグループの中核ともいえるホテルです。
グループ内には、淡路夢泉景、あわじ浜離宮、神戸ベイシェラトン等、有名な高級ホテルが名を連ねます。
淡路島には高級旅館がいろいろありますが、TVCMを多く出している影響もあり、知名度は抜群で、関西では知らない人がいないかもしれません。
ホテルニューアワジは、スタンダードな「夢大地」と、スイートルームの「ヴィラ楽園」の2つの客室タイプがあります。

ホテルニューアワジ・ヴィラ楽園がおすすめな6つの理由

コスパ良し(スイートルームなのに一泊3万円から )

ホテルニューアワジの宿泊料金は、スタンダードな「夢大地」が約2万円~で、スイートルーム 「ヴィラ楽園」 で約3万円~となります。
スタンダードな「夢大地」も、もちろんおすすめですが、個人的には、 スイートルーム 「ヴィラ楽園」 で約3万円~ というのが、かなりお得でコスパが良好かと思います。

温泉がすごい

ホテルニューアワジは、アルカリ性単純温泉の「洲本温泉」と、自家源泉でミネラル分たっぷりのにごり湯「古茂江温泉」の二種類の源泉の大浴場があります。
温浴施設としては、主に「淡路棚田の湯」「くにうみの湯」「天宮の雫」の3つあり、一日で3つを湯巡りすることも可能です。これらの混雑状況はスマホで確認ができるのも便利です。
ちなみに、 ヴィラ楽園の部屋には、全て露天風呂付客室となっており、洲本温泉のお湯が使われています。

スカイラウンジ「天上の桟敷」が利用できる

スカイラウンジ「天上の桟敷」は、 ヴィラ楽園の宿泊者専用のラウンジです。
高級ホテルでよくあるクラブラウンジのようなものでしょうか。 コーヒー、紅茶、オレンジジュース等が飲み放題と、ちょっとしたお菓子があり、ゆっくりくつろげる空間となっています。 マッサージチェアもあります。 パソコンが設置されていて自由に使えるのと、WIFI環境も整っています。

客室で食事できる

朝食、夕食どちらも部屋食です。
朝食は、洋食と和食が選べますし、400帖もある広いレストランでのビュッフェも可能です。
連泊であれば、ぜひビュッフェと部屋食を両方選ぶことをおすすめします。
1泊なら、部屋食の方が落ち着いて食べられるからいいかな。 

3世代旅行も可能なほど広い部屋

ヴィラ楽園の一番狭い客室は、宙の庭のTypeGで、92.5㎡(居室61.3㎡+テラス19.2㎡)の部屋です。定員も、4名、5名、6名、7名、8名とバラエティー豊かです。
一番定員の多い部屋は、海の庭TypeA「和楽」の164.4㎡(居室部分116.5㎡+テラス部分47.9㎡)で、定員8名です。
一番広い部屋は、 海の庭TypeE「相楽」の 182.4㎡(居室部分93.8㎡+テラス部分88.6㎡)で、定員7名です。テラスが居室と同じぐらい広いので、テラスのソファーに座って、星空を眺めるのが至福の時間です。

チェックアウト11時でゆったり

夢大地の客室は、一般的な時間ですが、 ヴィラ楽園は、14時チェックイン11時チェックアウトとなっており、はじめとおわりが1時間づつ長く滞在できるため、ゆったりすることができますし、チェックインとチェックアウトのタイミングがずれるため、手続きで混みあうことも避けられます。
特に、10時以降のお風呂は、ほぼ貸切状態でおすすめです。

 夢大地ヴィラ楽園
チェックイン15:0014:00
チェックアウト10:0011:00

ヴィラ楽園とは

「ヴィラ楽園」とは、ホテルニューアワジの中でも値段が高い部屋ですが、全室専有露天風呂付 和のスイートとなります。 部屋の広さは、92.5~182.4平米の広々とした空間です。
露天風呂のお湯は、洲本温泉です。
「ヴィラ楽園」 には3つの客室タイプがあり、 1階「海の庭(5室)」、4階「星の庭(4室)」、5-10階「宙の庭(18室)」の3種類 です。

宙の庭

宙の庭は、 5階 ~ 10階に位置し、スタンダードな12室限定のスイートルームです。70㎡ぐらいの居室と20㎡ぐらいのテラスがあり、専用露天風呂があります。
あくまで、とある平日の参考価格ですが、TypeGだけ、部屋が若干ですが狭いこともあり、少しだけ安く設定されていました。

タイプ部屋数定員広さ居室テラス【参考価格】
2022/5/19
TypeK3室5名92.4㎡72.4㎡20.0㎡35200円/人
TypeL3室5名 94.4㎡74.8㎡19.6㎡35200円/人
TypeH/I 4室6名92.5~99.2㎡68.8~74.9㎡23.7~24.3㎡35200円/人
TypeG 8室6名80.5~82.8㎡61.3~63.5㎡19.2~19.3㎡34100円/人

TypeK(豊楽・桜楽・湧楽)

玄関に入ってすぐ、スロープがあり段差無しとなっているため、車椅子のまま室内に入れるバリアフリー配慮されている部屋です。
また、各部屋やテラスにも段差がなく、露天風呂以外はバリアフリー対応されています。
海に面する広い間口が特徴です。
また、宙の庭で共通で言えることですが、テラスの露天風呂が、海側に寄っているので、露天風呂から海が一番良く見えます。
2015年末に新たにオープンした客室です。

TypeL(寿楽・香楽・楽陽)

タイプKとそれほど変わらないですが、タイプLはバリアフリー対応でないことと、ダイニングテーブルの形状やイスがタイプKと違っています。
テレビが、ベッドルームと和室の2ヶ所に設置されています。
タイプKと同様で、2015年末に新たにオープンした客室です。

TypeH/I(楽天・楽山・楽市・楽座)

TypeK、TypeLと比べて、テラスが広く、ダイニングだけだったのが、リビングダイニングにグレードアップしています。テレビが、ベッドルームではなく、和室とリビングダイニングに設置されています。

TypeG(花楽・高楽・有楽・悦楽・宝楽・味楽・春楽・秋楽)

間取りとしては、TypeH/Iと、ほとんど同じですが、若干間口が小さいため、部屋全他の広さも小さめです。 小さめと言ってもテラスと合わせて80㎡以上の広さがあります。
この部屋タイプは、ヴィラ楽園のなかでも最安値で泊れます。といっても1000円程度ですが。
部屋数が8部屋と、ヴィラ楽園の中では最大の部屋数を誇り代表的な部屋となっています。

宙の庭 宿泊体験記(ブログ)

外部リンク 宙の庭 TypeK「湧楽」 503号室(あいりんご)

外部リンク 宙の庭 TypeK「桜楽」603号室(?)バリアフリーのことが詳しい

外部リンク 宙の庭 TypeK「桜楽」603号室(ヒョンジュ)美しい方です

外部リンク 宙の庭 TypeL「楽陽」505号室(ゆこりん)入室からの動画が分かりやすい

外部リンク 宙の庭 TypeH/I「楽座」1002号室(ヒデチ)最上階、乳幼児連れ

外部リンク 宙の庭 TypeH/I「楽座」1002号室(ちゃむ)最上階、露天風呂からの日の出

外部リンク 宙の庭 TypeH/I「楽天」901号室(たりよ)

外部リンク 宙の庭 Type H/I「楽山」902号室 (ゆうま旅blogs)

外部リンク 宙の庭 TypeG 有楽601号室(yuko)

外部リンク 宙の庭 TypeG「宝楽」701号室(ちこ)

外部リンク 宙の庭 宿泊体験記(milkteagirl)2連泊

星の庭

星の庭は、4階にあり150㎡以上の空間の中に、50㎡以上のテラスがあり、専用露天風呂があります。
坪広々としたガーデンテラスは、ソファベッドから夜空を眺められるようになっています。
定員6名の4室限定のスイートルームです。
TypeJとTypeFの2種類がありますが、TypeJの方が若干部屋が広く、2000円程度ですが宿泊代金が高いです。

タイプ部屋数定員広さ居室テラス【参考価格】
2022/5/19
TypeJ2室6名151.8~161.0㎡94.3~97.3㎡57.5~63.7㎡38500円/人
TypeF2室6名 121.9~125.5㎡76.0~75.4㎡45.9~50.1㎡36300円/人

TypeJ(聚楽・庵楽)

テラスが60㎡ぐらいあり、坪庭もありかなり広いです。
露天風呂が岩風呂になっており、かなり本格的です。
また、露天風呂とテラスの間には障子があり、家族に入浴を見られたくない場合は、プライベート感も出せます。
同じ「星の庭」のTypeFと比べて、居室もテラスも 若干TypeJの方が広いです。
その分、宿泊料金も、約2000円/人程度高く設定されています。

TypeF(星楽・明楽)

TypeJと比べて若干狭いですが、ゆったりとしたテラスに岩風呂があり、居室とテラス合わせて120㎡超というかなり広い部屋です。
テラスには、海を眺めるのに最適なソファーが

星の庭 宿泊体験記 (ブログ)

外部リンク 星の庭 TypeF「星楽」401号室(hokkadoo)

外部リンク 星の庭 TypeF「星楽」401号室(shocolat-vin)

外部リンク 星の庭 TypeF「明楽」402号室(とむ満月)

外部リンク 星の庭 TypeF(Mikageマダム)

外部リンク 星の庭 TypeJ 「聚楽」403号室(BAR White L)

外部リンク 星の庭 TypeJ 「庵楽」405号室(Kotori)

外部リンク 星の庭 旅行記(よし)写真のクオリティーが良好

海の庭

海の庭 は、1階にあり150㎡以上の空間の中に、坪庭と大きめな専用露天風呂があります。
5室限定ですが、それぞれ違うので、リピートもありです。
それぞれの部屋の定員も4名 ~ 8名とさまざまなので、グループや3世代旅行にもおすすめです。
海の庭の宿泊料金は、星の庭と同等で、宙の庭から3000円/人 アップぐらいなので、空いているなら海の庭がいちばんおすすめです。ただし、 ヴィラ楽園の中でも、海の庭は一番人気のため、半年以上先でも予約がなかなか取れないのが現状です。

タイプ部屋数定員広さ居室テラス【参考価格】
2022/8
TypeA1室8名164.4㎡116.5㎡47.9㎡38500円/人
TypeB1室4名 154.3㎡82.4㎡71.9㎡38500円/人
TypeC1室 6名162.6㎡89.4㎡73.2㎡38500円/人
TypeD 1室 6名169.0㎡93.7㎡75.3㎡38500円/人
TypeE 1室 7名182.4㎡93.8㎡88.6㎡38500円/人

海の庭には、海の庭の宿泊者専用のラウンジ(下写真)が利用できます。
窓もない狭いラウンジですが、コーヒーが飲み放題で、パソコンとちょっとした本があります。
海の庭自体が5室しかないため、混みあうことはありません。

TypeA(和楽)

居室が116.5㎡と、ヴィラ楽園の中でも最も広い部屋です。
定員が8名というのも最大で、TypeA(和楽) だけです。
その代わり、テラスが 47.9㎡ ということで、海の庭の他のタイプよりも狭くなっています。
テラスの露天風呂も、海の庭の他の部屋は岩風呂ですが、 TypeA(和楽)だけ違います。
また、バリアフリー配慮もされた部屋となります。

TypeB(栄楽)

栄楽のリビングダイニングのテーブルは、掘りごたつのようになっていて、椅子も低めになっています。
ウッドテラスには、1人でゴロゴロできるよう2つセットされています。
私の感覚ですが、 ヴィラ楽園の中で、一番予約がとりにくい部屋だと思います。それだけ人気ということです。

TypeC(喜楽)

間取りが、他のタイプと比べて細長い印象です。
露天風呂は、岩風呂です。
テラスでは横になることができる椅子が1つあります。

TypeD(海楽)

海楽は、ウッドテラスのL字のソファーが特徴的です。
露天風呂は、岩風呂です。
ヴィラ楽園ファンの中でも、この海楽を好む人が多いようです。
入口もスロープがあり、バリアフリー対応されています。

TypeE(相楽)

海の庭の5室の中で、一番プール寄りの部屋です。
夏は、プールに行くのも約30歩と近いため便利です。
テラスには、個性的で丸くて大きなソファーがあります。2人で一緒に座れます。

海の庭 宿泊体験記 (ブログ)

外部リンク 海の庭 TypeA「和楽」101号室(にいご)乳幼児連れの3世代旅行

外部リンク 海の庭 TypeA「和楽」101号室宿泊体験記(kirakiramadam)

外部リンク 海の庭 TypeB「栄楽」102号室(ヒョンジュ)美しい方です

外部リンク 海の庭 TypeB「栄楽」102号室(銀バッタ)

外部リンク 海の庭 TypeC「喜楽」103号室(inck4)

外部リンク 海の庭 TypeC「喜楽」103号室(たりょ)

外部リンク 海の庭 TypeC「喜楽」103号室(トラベルダンス)

外部リンク 海の庭 TypeC「喜楽」103号室(じゃりさん)

外部リンク 海の庭 TypeD 「海楽」105号室(えのころりん)

外部リンク 海の庭 TypeD 「海楽」105号室(お姉)

外部リンク 海の庭 TypeD 「海楽」105号室(tasandk)

外部リンク 海の庭 TypeD 「海楽」105号室(芒果)

外部リンク 海の庭 TypeD 「海楽」105号室(晴れときどき)

外部リンク 海の庭 TypeE 「相楽」106号室(pachimimi)

外部リンク 海の庭 TypeE 「相楽」106号室(クローバー)

スカイラウンジ「天上の桟敷」

ヴィラ楽園の宿泊者専用のラウンジが、最上階の11階にあります。
コーヒー、紅茶、オレンジジュース等が飲み放題と、ちょっとしたお菓子があり、ゆっくりくつろげる空間となっています。
簡易なマッサージチェアもあります。
このラウンジからの景色が最高です。

外部リンク スカイラウンジ「天上の桟敷」体験記(ゆうま旅blogs)

基本情報

住所兵庫県洲本市小路谷20番地
電話0799-23-2200
部屋数117室
公式HPhttps://www.newawaji.com/

予約サイト