ひらパー「4Dキング」の飛び出す映像で子供も興奮|ひらかたパーク

ひらパー4Dキング ひらかたパーク

4Dキングとは

飛び出す映像アトラクションです

ひらパーの「4Dキング」の正式名称は、「360°超立体シアター 4Dキング」というアトラクションです。
画面に映し出される映像を、特殊なメガネをつけて観ると、飛び出してくるように見える いわゆる3D映像です。 これに、風や振動を効果をプラスして、4Dと呼んでいます。
ただし、振動と風は弱めだと思います。

360度スクリーンで迫力満点

アトラクションの中に入ると、円形椅子が乱雑に並んでいます。
椅子が固定されているので、椅子を動かすことはできません。
映像が流れますが、360度シアターになっており、前とか後とか横とか首を動かして見ることになるので、端の方より、真ん中の方が観やすいです。

疲れた時の休憩にも最適

ずっと椅子に座って映像を見るアトラクションの為、遊園地内を歩き疲れた時の休憩としての利用もオススメです。
夏は、ある程度 冷房が効いているので、涼むこともできます。

雨の日の利用もOK

雨が降っていても楽しめます。
次の回に待つときの行列スペースも屋内に広くとってあるので、傘を差して待つことはありません。
今まで、外まで行列ができたというのを見たことがないので大丈夫です。
ちなみに、混雑時でも、行列に並んでて、次の映像に入れなかったということは経験がないので、いつも空いているイメージです。

4Dキングは全国にある

この4Dキングというアトラクションは、ひらかたパーク以外でも全国たくさんあります。

  • 氷海展望塔オホーツクタワー(北海道)
  • 木更津かんらんしゃパーク キサラピア(千葉県)
  • 浅草花やしき(東京都)
  • 鉄道博物館(埼玉県)
  • よこはまコスモワールド(神奈川県)
  • ゆうえんち 浜名湖パルパル(静岡県)
  • 伊豆ぐらんぱる公園(静岡県)
  • 名古屋港シートレインランド(愛知県)
  • ひらかたパーク(大阪府)
  • しものせき遊園地 はい!からっと横丁(山口県)
  • 蒜山高原センター ジョイフルパーク(岡山県)
  • 金魚の館(熊本県)
  • 沖縄電力 具志川火力発電所 電気科学館(沖縄県)

最大60人収容

ひらかたパークにある4Dキングは、最大収納60人という大きな施設で、上から観た時の直径は9.6m、高さ4.7mとなります。

合計12台のプロジェクターがモニター上部に円形にバランス良く配置されており、3D映像を360度に映し出します。

スクリーン下部に手摺が設置されており、そのあたりにストーリーに合わせてタイミングよく風を出すエアジェットが取り付いています。
さらに、椅子の下には振動装置があり、映像のタイミングに合わせて振動することもあります。

1日に何度も楽しめる

一定時間おきに違う映像に代わるので、1日に何度も楽しめます。
入口に、時間ごとの映像紹介があるので、お目当ての映像の時間を調べて、また来るというのも良い作戦です。

作品例

あくまで作品の一例です。

作品名ストーリー
金魚のくしゃみ金魚のお姫様が暮らす、美しい金魚鉢の世界でのできごと。
年に一度の誕生日を祝おうと、金魚のお玉がお城に向かいます。
お姫様がバースデーケーキの火を消そうとした瞬間、お姫様は大きなくしゃみをしてしまいまい、なんと囚われの身になってしまうのです。
お玉はお姫様を助け出そうと奮闘します。
敵の攻撃をすり抜け、不思議空間をさ迷いながらも、けなげにお姫様を助けに向かいます。
ギャラクシーツアーズ宇宙ステーションを破壊した敵の飛行軍団との追撃戦ドラマ。
スピード感を追求し、回転感や激突シーン等もふんだんに盛り込んでいるため、軽い酔いすら感じる猛烈にダイナミックな仕上がりになっている作品です。
宇宙空間の小惑星や、障害物をすり抜けるシーンは、ヒヤヒヤドキドキです。
ドリームワールドお菓子の家で自分の周りに浮きあがるお菓子には子供たちは必ず手を伸ばします。
上空から森の中に急降下するシーンは4D王ならではの重力感を感じるようになっています。
拳銃の銃口が自分に向けられるシーンでは、本当に怖いと感じるリアルさがあります。
リトルダイナ母子の恐竜の日常を描いたほのぼの系作品。
子供の恐竜が水遊びをするシーンでの水滴の表現等見るべき個所も多く盛り込まれています。
子供恐竜がエンドロゴを蹴飛ばして、対面から襲おうとしている肉食恐竜を倒すシーンは360度スクリーンを生かした作りになっています。

コメント