【体験記】マキノ高原スキー場(滋賀県)で、そりや雪だるまで雪遊び

マキノ高原スキー場雪遊び 子連れのお出掛け

12月末のお正月前に、滋賀県高島市マキノ町にあるマキノ高原スキー場に行ってきました。
子供が雪遊びするところを求めて、毎年 いろいろなところに行ってきましたが、マキノ高原スキー場は、子供の雪遊びするのに最適な場所だと分かりました。
大阪からも日帰りで行ける場所なので、ぜひ検討してみてください。

マキノ高原スキー場とは

マキノ高原スキー場は、滋賀県高島市にあり、大阪からもアクセスの良い場所にあります。
赤坂山の山麓に広がり、だいたい東京ドーム1個分の広さを持つ広大なゲレンデです。
昭和の初めにオープンした関西スキー場きっての老舗です。
いまは、リフトを全撤去し「雪遊び」・「ソリ遊び」・「スキーデビュー」など子供の雪遊びの場所として生まれ変わっています。

メタセコイア並木

マキノ高原スキー場のすぐ近くに、有名な観光地「メタセコイア並木」があります。
マキノ高原へと続く街路樹として、約2.4kmにわたりメタセコイアが約500本植えられおり、美しい景観となってます。
「新・日本街路樹百景」に選定されています。

このあたりを車で通ると、一度車を止めて、写真を撮りたくなるものです。
でも、道路の片隅に路駐して車を降りて写真を撮るのは、マナー違反っぽいです。

高島市農業公園マキノピックランド 駐車場

メタセコイア並木を、車から降りてゆっくり観たかったので、高島市農業公園マキノピックランド の駐車場に停めて、メタセコイア並木を散歩しました。
メタセコイア並木を見るなら、ここの駐車場が一番良さそうです。
ついでに、カフェで美味しいケーキでも食べたり、お土産でも買って帰ろうとしましたが、なぜか ちょうど定休日でした。

普段は、定食やお子様メニューがあるレストランがあったり、りんご狩りやぶどう狩りなどの味覚狩りができるみたいですよ。

公式サイト 高島市農業公園マキノピックランド

マキノピックランドで雪遊び

高島市農業公園マキノピックランドの駐車場横に、雪遊びするのに絶好のスポットがありました。
普段 雪を見ることがあまりない子供たちが興奮して、雪の上を走り回ったので、靴がビショビショになりました(泣)

ペンション メタセコイアに宿泊

マキノピックランドで遊んだ後は、今日宿泊する予定の ペンション メタセコイヤに向かいます。
でも、じつはメタセコイア並木から数分で到着できるような近いところにあるのですぐ到着です!

今回、ペンション メタセコイアを選んだ理由は、ダントツに宿泊費が格安だったからです。
滋賀県湖西地区の宿泊施設をいろいろ調べまくって、4人1部屋に泊まれるところで、あやしそうなところを除外して、一番安かったところが、ペンション メタセコイアだったのです。

到着して、チェックインしたら、離れのところに案内されました。
普通の広さの部屋がある「本館」と広い部屋が1つだけある「離れ」があるようです。
おそらく、通常は団体客用に離れが用意されているようなので、こちらに案内されることはあまりないかもしれません。
他の宿泊客は1人やペアだったっぽいので、ファミリー4人の我々が一番広い離れを案内してくれたんだと思います。

石油ストーブが2つあり、部屋はポカポカでした。 さらにエアコンもあったので、石油ストーブの匂いが気になる人はエアコンを使うこともできそうです。

お風呂は、自分が入っている間は、入口の札を「入浴中」にしておき、他の人と一緒に入らないようにしていました。そのため、気を遣わず入れました。

ロビーからお風呂までの廊下に、漫画や本がいっぱい置かれていました。
あだち充の「MIX」や、料理漫画の「美味しんぼ」、ドラゴンボールなど、自分が好きな漫画が揃っていて、良かったです。

公式サイト ペンション メタセコイア

予約サイト

予約サイトで一度値段確認してみてください。 すごい格安だと思います。
いつもやっているかどうか分かりませんが、自分が予約したときは、子供料金は無料でした。
つまり、大人2人、子供2人ですが、大人2人分だけの料金で、その大人料金が格安なので、すごくお得です。 おそらく、この宿のご主人がサービス精神の塊のような方なんだと思います。

宿泊施設名おすすめポイント楽天じゃらん
ペンション メタセコイア宿泊費が格安楽天トラベルじゃらん

ペンション メタセコイア横で雪遊び

ペンション横に、弓道場らしき広場があり、そこに雪がいっぱい積もっていたので、雪遊びができました。 まずは雪合戦。お父さん 対 子供2人 の対決です。

次に、子供たちが、仲良く二人で作り始めましたよ。
もちろん作っているのは、アレですよね。アレ。

やっぱり雪だるまでした。
目と口がかわいいですね。帽子もかぶせたら、もっとかわいくなりました。

(夕食)和風お食事処ととろ

この日宿泊するペンションは、素泊まりなので、夕食は外に出掛けます。
事前に、高島市マキノ町で、美味しいお店はないかネットでリサーチしたところ、「和風お食事処ととろ」が口コミで美味しいと評判でした。

お店に入った瞬間 カウンターに立つご主人の威勢の良い「いらっしゃいませ」の声。
その後も、子供を気遣ってくださったり、感じの良い接客でした。
子供用のメニューは、無さそうでしたが、子供が好きなとんかつ定食があり、美味しそうに食べてました。 大人は、おまかせ定食を頂きました。
他にも、さしみ定食、ステーキ定食、からあげ定食等、美味しそうなメニューがたくさんありました。

公式サイト 和食お食事処ととろ

(朝食)セブンイレブン

JRマキノ駅周辺は、比較的お店が多く、コンビニもセブンイレブンとファミリーマートがありました。
朝食は、セブンイレブンまで車を走らせて、調達してきて食べました。

パンとかおにぎりがあったので、朝食用に調達し、もしも子供たちがお腹空いても、おやつにすぐ食べられるように、SOYJOYも買っておきました。

マキノ高原スキー場

マキノ高原に到着し、駐車場に到着しました。特に誘導する人はおらず、勝手に空いているところに停める感じでした。
停めた後、駐車場近くのお店にお金を1000円支払い、駐車券(領収書)を渡され、それを車の中の見えるところに置いておくというシステムでした。

マキノ高原スキー場は、なんと入場料が無料です。遊び放題です。

そりをレンタルしたかったのですが、この日は、午前中レンタルできるお店が閉まっているとのこと。
仕方ないので、駐車場近くの売店で、1つ1000円のそりを2つ買いました。

この日のマキノ高原スキー場は、空いていました。
といっても、おそらく混雑するような日はないような気がします。
なぜかというと、リフトが稼働していないからです。
稼働しているのは、全長102mの歩く歩道のみ。
そのため、本格的なスキーをするような人はいません。
まさに、子供が雪遊びをするためにあるような場所です。
しかも、大阪からも日帰りで行こうと思えば行ける距離だし、1泊2日の旅行としても、ちょうど良い距離です。

雪だるまを無心にたくさん作りました。
もはや何個作ったか分からない(笑)

駐車場からスキー場への道の途中にある川です。
帰り際、駐車場に向かう途中で、帰るのが寂しくて、最後のあがきで、遊んでいます。

そらとび
そらとび

マキノ高原スキー場は、関西でもっともおすすめの 子供の雪遊びスポットです。

マキノ高原温泉さらさ

今回、時間がなく入ることが出来ませんでしたが、マキノ高原スキー場の中に、「マキノ高原温泉さらさ」という温泉施設があります。

大浴場と、小さな露天風呂があり、4〜5人程度は入れるサウナ、ジャグジー付きの寝湯、低温槽もあります。
脱衣場は広く清潔です。日帰り温泉としては充分な設備だと思います。
また、水着着用の男女混浴のエリアもありますので、子連れファミリーやカップルも一緒に楽しく過ごせます。
食事処もあり、けっこう美味しいと評判なので、食事だけでの利用もありかと思います。

公式サイト マキノ高原温泉さらさ

マキノ高原スキー場へのアクセス

マキノ高原スキー場の基本情報

住所滋賀県高島市マキノ町大字牧野931
電話番号0740-27-0936

公式サイト マキノ高原スキー場

車でのアクセス

大阪からのアクセス

(名神高速)京都東ICから車で(約67km・約65分)

滋賀県湖東や名古屋方面からのアクセス

(北陸自動車道)木之本ICから車で(約23km・約26分)

電車でのアクセス

JRマキノ駅からバスで10分
(タウンバス「マキノ高原温泉さらさ前」下車徒歩すぐ)

電車での注意点は、山科から湖西線と琵琶湖線の2つにわかれるので、必ず湖西線に乗るようにしてください。
京都からは、JR湖西線新快速・敦賀行や、永原行に乗って、約1時間10分ぐらいで、マキノ駅に到着します。

コメント