【人気】ゼンショーホールディングス (7550) の株主優待制度、ココス、すき家、はま寿司等の使える店舗、優待利回り

株主優待

ゼンショーホールディングス (7550) の株主優待内容

株主優待は自社店舗で利用できる食事券

この食事券は、以下の保有株式数に応じて年2回届きます。
100株だと1000分の食事券が年2回もらえるということです。

株数食事券
100株1,000円相当
300株3,000円相当
500株6,000円相当
1,000株12,000円相当
5,000株30,000円相当

ゼンショーの商品(代替品)と交換も可能

300株以上保有している場合、代替品交換制度を利用できます。
期限内に未使用で最新のご優待券(切り離し無効)を返送すると、優待券3,000円分1冊につき、下記の1商品と交換できます。(下例は2021年3月権利分ですが、毎年さほど変わりません)

  • すき家 牛丼の具
  • すき家 炭火やきとり丼の具
  • なか卯 玉子料理セット
  • ココス カレポテセット
  • トロナ ピッツァセット
  • トロナ おかず三昧セット
  • トロナ ミールキット2種セット
  • ゼンショー 黒毛和牛ローストビーフ
  • ジョリーパスタのパスタ・はま寿司しょうゆ・すき家ドレッシングセット
  • 善祥園 十勝牛ビーフカレー
  • ゼンショーフェアトレード ティーバッグセット
  • ゼンショーフェアトレード ドリップバッグコーヒーセット
  • ゼンショーフェアトレード月替わりレギュラーコーヒー(粉)
  • ゼンショーサポーターズクラブ入会費・年会費

株主優待が届く時期

株主優待の食事券が届くのは、権利確定月の約3か月後となります。

3月権利分6月下旬
9月権利分12月上旬

ゼンショー 株主優待 利用可能店舗

ゼンショーの株主優待が使える店は、牛丼「すき家」をはじめ、回転寿司チェーン「はま寿司」や、ファミリーレストラン「ココス」「ビッグボーイ」など、全国どこにでもあるような店舗が多いので、優待券としては、たいへん使い勝手がよく、子連れファミリーにも人気です。

  • 牛丼チェーン「すき家
  • スタンダードレストラン「ココス
  • ファミリー焼肉レストラン「宝島」
  • メキシカンレストラン「エルトリート」
  • 焼肉・しゃぶしゃぶ「牛庵」
  • 焼肉倶楽部「いちばん」
  • 手ごねハンバーグ・サラダバー「ビッグボーイ
  • 手ごねハンバーグ・サラダバー「ヴィクトリアステーション」
  • 自家製うどん「久兵衛屋」
  • 丼ぶりと京風うどん「なか卯
  • 回転寿司「はま寿司
  • パスタ専門店「ジョリーパスタ
  • 和食レストラン「華屋与兵衛」

ゼンショーの株主優待廃止と改悪の可能性は?

ゼンショーの株主優待は、使い勝手の良さから株主優待としては、たいへん人気が高いですが、すかいらーくやトリドールなど、他の人気外食優待券よりも、優待利回りが低く、改悪のリスクは低いと、個人的には思っています。

また、ゼンショーは、コロナの影響を受けながらも、テイクアウトが好調であることから、売上と利益は、飲食業界の中では、比較的 好調です。

そのため、ゼンショーが株主優待を廃止するリスクは低いと予想します。

ゼンショーの株価と優待利回り

2021年3月権利付最終日の株価をもとに、優待利回りを算出します。

2021/3/29 権利付最終日時点
株価2959円

持ち株数ごとの優待利回りを計算すると、500株と1000株が比較的 優待利回りが良いですが、それでも1%を超えないのは、ちょっと寂しいですね。

株数優待権利獲得資金優待利回り
100株295900円0.6%
300株887700円0.6%
500株1479500円0.8%
1000株2959000円0.8%
5000株14795000円0.4%

コメント